ピタでん 使いたい放題プランに切り替えてみよう

4月分まで楽天でんきを利用していましたが5月分からピタでんに変わりました。

今回分かったことは、切り替えに要する時間が過去最速だったこと。

申し込んだ翌日にメールで連絡が来ました。

現在の電力会社と申し込んだ内容がが合いませんよという事でしたので、楽天でんきを使っていますと返信しました。

申し込み時に楽天エナジーを選んだのですがそれがまずかったようです。(選択肢には楽天と名前がつくものはこれしかなかった)

その日のうちに訂正されたメールが届き申し込み完了です。

さらに翌日には供給開始予定日のメールが届きました。

結局申込日を含め、3日間で切り替えがほぼ確定しました。

問い合わせのレスポンスもとても早いですね。

思っていた以上にスピーディな対応だったので驚きました。

過去に使ってきた電力会社は見習うべきところだと感じますね。

続いてピタでんのマイページの状況などを伝えます。

マイページは供給開始前から見ることはできます。

しかし最低限の情報しかないので特に気にする必要はありません。

使用量などが反映されるのは供給開始日から3日後でした。

月ごと
日ごと
時間帯

注目すべき点は時間帯のグラフでしょうか。

楽天でんきにもありましたが数時間ごとにデータが更新されています。

私にとってこの更新頻度は楽天でんきが初めてでしたので、ピタでんでまた見ることが出来るとは思っていませんでした。

大抵は早くて翌日に前日分30分ごとの使用量がグラフで見られるぐらいですね。

ピタでん 使いたい放題は燃料費調整額、再エネ賦課金が無いプランになっています。

比較サイトでは、使いたい放題プランに燃調、再エネ賦課金が必要なように書かれていることがあります。

ピタでんの場合これらの点が違うので、料金比較をするとき他電力会社と同じように考えるのは間違いです。

これからは自宅の燃調、再エネ賦課金を考慮し新電力を選ぶことが必要になってきそうですね。

新電力

Posted by taroma