洸陽電機の『電気の見える化』について聞いてみた

2018年4月4日

結論から言うと

「時間帯ごとに確認できるシステムを導入に向け設計中です」という返事をいただけました。

これは期待せざるを得ない!

実装まで時間が掛かると思うけど頑張って欲しいところ。
生活フィットプランのように時間帯によって料金が変わるものは、関電にある1時間ごとの使用量をグラフ化する機能があれば便利かも。
それで日毎の使い方が把握できそう。
さすがに同じものを求めるのはおかしいので30分、もしくは1時間ごとの使用量がわかればいいかな。

洸陽電機はエネマネというエネルギーマネジメントを売りにしています。
個人向けにはどのような見える化を見せてくれるのか楽しみにしています。
このようなシステムが基礎としてあるので、時間によって料金を変えるプランを最初から出せたのでしょう。
可変プランを個人向けに出している新電力はまだ少ないのでこれから増えてくるのでしょうか?

新電力

Posted by taroma